2012年04月01日

ばかたれ

前回のコメントに豆大福さんが書いた

少しずつ大人の女性になっていく娘さん・手放したくはないでしょうがいずれは俗に言う(どこの馬の骨ともわからないヤツに)ということに…(笑)

知らないうちにそんな会話をしても可笑しくない年頃になったということか

まだまだ中学2年生のうちのバカタレ猫・・



先日、娘と二泊を共にした

その中での会話

今さ・・・彼氏居ないの

でも欲しいナ

あっでも結婚するなら外人・・

日本人なら結婚しない・・・


ドキッとする発言



外人は良い・・確かに良い

パツキン・グラマラスな体型などおらは好きだよ

オーマイオーマイって

何がまいねんだがさわがねばってやだらに騒ぐのも好き(爆)

でもね

良いのは女性だけで

男はお父さんは嫌いだ

だから

外人はまね(NO)と言ったら

じゃぁ結婚しない・・・と

んだんだ

結婚しないで

そばさ居ろ(#^.^#)

と、ほくそ笑んだ・・・・

が・・・

本当に外人と出会ったらどうしよう






とりあえず、綺麗なお母さんであることを確認すべきだよな(巨爆)




posted by 真鯛様 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | あい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

ありがたいことです

人はワクワクしたりドキドキしたりすると

若返える・・いや、老けないと聞いたことがある。

今回、娘の東北民謡コンクールについて行って

わくわくドキドキだらけだった。

昨年の青森県民謡王座予選だってそうだったし

毎年行われている

津軽五大民謡全国大会もそうだった

一緒について行って、娘と一緒に緊張感を楽しめた。

これは息子も一緒で

野球の試合が毎週土日あるたびに

ドキドキわくわくしてた



娘は毎日必ず練習をする

その練習を見てたからこそ

大会での成功を祈りたくなる

息子だってそうだ

小学校2年生から毎日100回以上の素振り

そしてその成果を出すための野球の試合

ヒットを打つたびにわくわくドキドキしてた


もちろん、子供たちを親が応援しないで誰がするって当たり前の話ではあるが

そのせいでお蔭様で老けないでいれるような気もしている

が・・・・


段々疎遠になっていくのを感じている。


息子は高校二年生

野球のレベルでは教えることはほとんど無くなった

昨年の試合も県南に来たときにこっそり見ただけ

両手を上げて審判してやるって言ったのだが

「勘弁してくれ」って断られた

親父がそばに居る事を嫌う時期に入ってしまったのだろう。



娘は中学2年生

まだ、お父さんっ子ではあるが、

もう一緒にお風呂に入ってくれないし(爆)

この前、ホテルで、ひとりだとさみしいからとツインを所望したのに

次の日イビキが五月蝿いからとシングルに変えやがった。

今のところ、毎日会わないから、良いお父さんでいられるのかも知れないが

段々離れていくのかなぁ・・・等と少しせんちめんたるじゃぁにー



おらのわくわくドキドキも、風前の灯火・・・

今のうちに感じるだけ感じておこう・・・等と

昨日の娘が写っているテレビを見て思った。


523436_212103162223372_100002710689799_262520_170138065_n.jpg




でもこのまま老けるには少し早い気もするので

別なワクワクドキドキを探さなきゃ・・・

なかなかワクワクドキドキって無いよな・・・

あるとすれば



ん〜やっぱり・・・





おねぇちゃんかな?(巨爆)
posted by 真鯛様 at 07:30| Comment(4) | TrackBack(0) | あい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

東北デビュー

本日7時30分から

NHKで東北民謡コンクールと言う番組が放映されます

昨年は残念ながら県代表にはなれなかったが

(予選で唄がとまった)

今年は無難にクリアーしたらしい

と、言うのも、お父さんはドキドキで見てられなくて・・・

予選も、代表決定戦も行かなかった。

代表になったよって電話が来たときは

飛び上がるほど嬉しかった。






思えば・・・

小学校1年から始まった民謡

一年目でいきなり、津軽五大民謡全国大会で優勝

次の年とその次の年

勢いで優勝しちゃって、三連覇

津軽りんご節全国大会も優勝しちゃって

どこまで上がるの?って見てたら

その後、緊張を覚える年代に入り

人前で歌うことに恥ずかしさなど覚え

ドキドキのあまり、ブレスの場所を間違えて、途中で唄が止まってしまうという

病気に罹り、大会の出るたびに予選落ち

たまに通っても、声が伸びず敗退・・・

を何年も繰り返してしまった(~_~;)

だからこそ、今年代表になったと聞いたときは大喜びで

目から・・・汗゚(゚´Д`゚)゚


NHKの大会は全国大会がない

東北各県と新潟から大人2名ジュニア1名が選ばれて東北大会に出る

県大会はラジオ放送のみ

ところが東北大会は「うだでぐ」じぇんこかがってる

テレビカメラだって固定が3台移動が3台

スタッフは出場者の数倍(爆)

娘は勿論ジュニア部門で出場したのだが

ジュニア部門は中、高校生

単に中、高校生とイッパひとからげにしてるけど

中学生と高校生の違いは、天下と綿花の差がある

現に、ジュニアの部で大賞を貰うと

次の年、一般の部に招待出場出来る

そして概ね・・・上位に食い込む

ジュニアで優勝し、次の年一般でも優勝って言うのも

珍しくない。

今年だって、昨年のジュニアの大賞受賞者が

一般の部で優秀賞(準グランプリ)

高校生が一番伸びのある綺麗な声を出すって事なのだろう

その高校生に中学生が挑戦・・・というのは

大人と子供の差が出る

それでもテレビカメラ数台が構える中で唄う事が出来るのは

この大会ならでは・・・

まさに東北デビューなのである。

大会は3月20日終わっている

結果は当然のように大賞をもらえなかった

が・・・

相当の自信にはなったと思う。

当日、現場にいて、この子の父親は

また止まればどうしようって

ドキドキしすぎて会場内に入れず

全く、見ても聞いても居ないので

今日、テレビの前で改めて観るそうだ(爆)

皆さんも日本の伝統を再確認しながら

応援くだされば幸いです。

東北限定 NHK 夜7:30〜 東北民謡コンクールです


posted by 真鯛様 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

デイト

娘の東北大会は19.20日だが

その前に我が社のイベントに

出演を依頼した

その後、三味線の先生と娘は此処から

東北大会へ向かうためにもう一泊

付き添いが骨折で入院したので

娘は本日一人部屋に独り寝

ところが、寂しいのか、

久しぶりに甘えたいのか

同室をせがまれた


気になって眠れ無いお父さんです

(爆)

後、数時間後には長距離運転なのに・・・
posted by 真鯛様 at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | あい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

我が心のジョージア

っていう曲があった

レイチャールズだったような気がする

上田正樹も歌ってた

なんとも良い曲ではあるが

今日はそのジョージアではない

コカコーラのジョージア

つまり缶コーヒーの話

何気にネットサーフィンしてたら見つけた

スマホ用手袋

欲しいなぁって思ってたら、ジョージアに付いているシールの後ろの番号で

スマホ手袋が当たるって書いてたので

シールを集めて応募した

SHIPSの手袋が欲しくて

ずっと狙ってたんだけど、なかなか当たらず・・・

53回目でなんとなく別なのを狙ってみようと思ってクリックしたら

当選


(爆)

それが2月の7日

それから毎日10枚ほど応募してたのだけれど

一向に当たる気配なし

SHIPSが欲しくて欲しくて・・・ヤフオクで買おうかな・・・

なんて思っても、なんとなく悔しいから

諦めずに応募し続けていた


そして今日・・・

いきなり・・・

当選・・・

sips.jpg



残りでまた当選


beams.jpg

ついでに
爽健美茶サイトに行って

クリックしたら当たっちゃって

soukennbicha.jpg


どす???

もう今年の運使い果たしたのか?

それとも

これが序章なのか

神のみぞ知る

もしかしたら

目が悪くなって

眼鏡をかけたので

運が変わったか?

ぐははははは・・・・・

いや・・謙虚に謙虚に・・・

此処で笑えばツキが逃げる

不動の物にするために

此処はじっと我慢して

誰にも内緒に・・・・







ブログに書く(爆)
posted by 真鯛様 at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

修理完了

今はあんまり使っていないんだけど

そのままにしておきたくないので

思い切って修理にだした

それもメーカーではなく、福岡のリール修理専門店へ

たまたま偶然ネットで見つけて

質問をぶつけてみたら、誠意ある解答

料金はそんなに安いわけじゃ無いけれど

安心料だと思って出してみた

メールでやりとりがあって

時間はかかりそうだなって思ってたら

意外にも一週間程で完成

送金して、本日到着

修理完了.jpg

嘘のようにハンドルが軽い

ん〜勿体なくて使えないなぁ(爆)

で、メールやりとりの中で教えてもらったこと

CRCは簡単に使えるから良いと思って使ってたんだけど

CRCは研磨剤が入っているから

ダメなんだと・・・

使ってるのが臭いで分かったらしい

ね(#^.^#)ちょっと信頼できそうでしょう

私はまたお願いしようと思ってます

http://www.reel-maintenance.com/
posted by 真鯛様 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

天下のローソンも・・・

昨日、八戸のローソンで辛いLチキを買ったんだ

食べようと思って

開けて、一口かぶりついた

ら・・・・

違和感が・・・



口の中に髪の毛が入ってるような違和感が・・・

そのまま

出してみると・・・

Lチキ.jpg

バックが白いとわかりにくいですね

Lチキ1.jpg

拡大してみると

Lチキ拡大1.jpg

そして

Lチキ拡大.jpg


くれぐれも言っておきますが

私、クレーマーではありません

お金を払って商品を買って

食べようとしたら、このような口に入れるものではない物体が

入っていた。

ので・・・ローソンにメールを打ちました。

返事待ちです。
posted by 真鯛様 at 08:43| Comment(8) | TrackBack(0) | ぐだめぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

ガハハハハ

やっぱりおらの考えは間違っていなかった

サクラマスはやっぱりヤマメだった

DSC_0336.JPG

ということで、前回のリベンジ成功

絶不調の中、6本は上出来

前日同僚Sさんとの会話の中で思い出したヤマメの習性



リベンジの内容はしゃくり方と魚の居る場所の特定

そして、そこからどうやってジグに興味を持たせて

どこの位置で食わせるか

結果は上出来だった

次回もう一度このやり方でチャレンジして

確定させれば・・・

マス子を名乗っても良いかも(巨爆)

SANY0107.JPG



ちなみに・・・マコガレイは40m付近でヒット、アブラメは20m付近でヒット
       底からではなく上から(爆)底までは90m
posted by 真鯛様 at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

潜って見たい

サクラマスのシーズンが来た

1月から予約を入れて、待ってたこの時期

web上ではあっちこっちで爆釣って記事が載ってて

居ても立っても居られなかった

そして、19日、その日は来た。

荒れ男が二人もいる割にはべタ凪ぎ(爆)

結果的には船中5匹

おらは一匹も釣れなかったのだが

その検証・・・





昨年までは、フロロを使っていたのだが

思うところあってPEに変更

サクラマスはジャレて引っかかるガラガゲ状態も多いので

アシストの長さを変えてみたり

トリプルフックや、ダブルフックを使ってみたりと、

色々変えてみたのだが今イチしっくりしないので

今年はスッキリ型に戻した

ロッドはスピニングはウエダのジャーキンと

ベイトはダイワのシーゲイトを使っている

シーゲイトは少し柔らかいが釣れたときに楽しい。



シャクリは難しくない

ワンピッチでしゃくって、スティ

その後、ロングジャークでスティ

速さを変えて色々試してみるが

このスティのタイミングだけなような気もしている




で・・・タイトル

サクラマスの習性が詳しく解明されていないので

よく解らないが・・・経験と憶測で(爆)


サクラマスは基本的にヤマメである。

ジャレてガラガゲ状態になると言うことは

ジグに対してかなり反応を示している・・・筈。


底まで90mの場合

船からフォールさせて50m程落としてジギングを開始する

だいたい30m前後でヒットすることが多いが

稀に底付近でヒットすることがある

サクラマスが90m付近を回遊してるとは

あまり考えられにくいので

これは上からフォールしてるジグを追いかけて来たのでは?と推測

底付近には、いろんな外道が存在する

ホッケだったり、ソイだったり、アブラメだったり・・・

ジグを底まで落として、そこからシャクルと

サクラマスだけではなく、ソイやアブラメ等が中層に浮いてくる

すると

群れでいたサクラマスが散る

フォールで落としたジグにサクラマスも底までついて行って

棚が広がる・・・

結果、釣りにくくなる・・・・と言う見解

実際、昨日は友人たちの乗船だったので

乗船前に、底を叩かないように・・・とお願いした

しばらくは外道も釣れず、サクラマスだけヒットしていたのだが

一人が

サクラマスをヒットさせた

棚を聞くと底だという






案の定、その辺から、サクラマスの影は全く無くなり

外道だらけとなった。

水温が4度と通常より3度程低い事が原因だと

第十五朝日丸の船長は言ってたが

そればかりでは無いような気もしている。

あ〜潜って見てみたい

サクラマスはどの辺を回遊しているのか


鯛だったら、だいたい解るんだけどなぁ

明日、その辺を確認しにもう一度行ってくる

こっそり|゚Д゚)))


乗合船だから、最初から底叩きもあると思うので

おらは中層以下に落とさないようにして

サクラマスだけを狙って見たい





確認すると言っても

潜るわけではない

だから海パンは持ちません。







posted by 真鯛様 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

突然ですが・・・

おらは

包茎ではありません。

ここは、はっきりさせておいて

お読みください。m(__)m

ナオ、部位が部位の話だけに写真は一枚もありませんが

どうしてみ見たい場合はメールでも頂ければ・・・(巨爆)





昨年から、下半身・・・つまり

右足親指と左足親指の間に異変が起きていた

まぁ・・この歳になって、頻繁に使用するものではないので

気にしないで居たのだが

時々赤くただれて、痛い・・

それでもリンデロンVG軟膏(鎮痛,鎮痒,収れん,消炎剤)を付けると

少しは気休め程度に良くなったりしてたが・・・



今回はどうやら、笑ってはいられない状況になったようす。



どうなったかと言うと

激痛・・なのである。お湯をかけるとシミルのである。跳ねる位にシミル。

綺麗にしようと石鹸で洗うとモットモット滲みるのである。

見た目も血がにじむように見えるのである。

玉ではない

竿が痛いのである。

頭の中に「性病」と言う言葉が過ぎるが

ここ数年、そのような行為には出会って居ないので

直接移る・・・という事は無い

であれば、風呂かプールか・・・

しかし、今まで、二次感染的にウツる性病は聞いたことがない

で、ググッた。

「性器」「痛い」で検索

出るわ出るわ・・・それも写真付きで・・・(爆)

そして、ひとつづつ検索・・・

そして、たどり着いた・・・

ガンジタ・・・「感じた」ではない

ガンジタ・・・である。

カンジダは、真菌(カビ)の一種で、膣や外陰、尿道、肛門などに常在している菌です。
普段は、常在菌として特に問題がないのですが、体の抵抗力が落ちたり、薬の副作用で
カンジダの菌が活発になりカンジダ感染の状態になります。

更に

尿道に菌がついても排尿や洗い流すことで、あまり感染することはありません。
しかし、陰茎の包皮の部分や、洗い流さずに湿度の高い状態に放置すると、
その部分にカンジダ感染症状が表れ、酷いかゆみと痛みがでることがあります。

カンジダが異常増殖する原因として最も多いケースは、
「身体の抵抗力を落とした」という場合でしょう。
風邪を引いた、疲れがたまっていた、寝不足が続いた、ストレスが多い、
などが主な原因と考えられる場合です。

次いで良くあるケースでは、抗生物質を服用した後でしょう。
膀胱炎、風邪、歯の治療後などでは抗生物質を処方されることが多く、
また怪我をした後などにも「化膿止め」と言って処方される


つまり

ガンジダは性病ではなく、カビであること

女性なら誰でも持っていること

男性がこの病気になる場合は

蒸れる状態が長く続いて、抗生物質を飲んで、ストレスが溜まってた時期


回顧

確かに昨年の夏

どうやらムズムズしてるなぁ・・と思った時期があった



おらは野球の審判をしている

昨年の夏に、ストライクゾーンがやたらに一定せずに

悩んでいた時期があった、

その時、夏風邪を引いて、熱が下がらず、抗生物質の世話になった。

野球の審判をするときに、股間を守るために

野球のボールから大切な玉玉を守るために

ファールカップなるものを長時間股間に付ける

nbs_100t.jpg


勿論、かなり蒸れる

清潔にしようと

やたらに石鹸で洗ってた(爆)

さらに・・・・・・



全てが逆効果・・・

石鹸で洗ってきれいになるのはバイ菌だけです。
植物であるカビ(カンジダ菌)は、皮膚に根がはっていて洗っても取れません。
結果としてバイ菌だけが、いなくなりカンジダ菌は残るのです。
カビとバイ菌の勢力バランスは崩れ、カビだけがドンドン増殖します。
カンジダ性亀頭包皮炎は一層悪化します。




ばい菌は殺すがカビは死なない。

逆にカビが増えるように努力していたわけだ。

更に

リンデロンVG軟膏やゲンタシン軟膏は、バイ菌の炎症を抑えるための治療薬ですから、
カビであるカンジダ菌には効き目がありません。
効き目がないどころか、バイ菌を殺しますので、益々悪化します。

と書いていた。

オーマイゴット

やはり医者に行って

若い綺麗な看護婦にゴム手袋履いた白い手で

ワシづかみにされるのかぁぁぁ・・・と

ググッた先を読んでいったら

水虫の薬で簡単に治る・・・と書いていた。ので

速攻・・・ツルハに行って

ラミシールクリームプラスを購入

このラミシール軟膏

メンソールが入っているので、スースーして

とてもよい。

癖になりそう・・・って思っていたら

あっという間に

完治




これで

いつでも何処でも使えるぞ・・・




なんて事には

なりませんでした。



世の男性諸君、あすは我が身・・・



お気を付けください。


posted by 真鯛様 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐだめぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする