2013年04月06日

ウエザーニュースで

風力や気圧などが計れる機械を貰った

なかなか使える

顔こそ解らないが想いを共有できる人も出来た
なかなかたのしい
posted by 真鯛様 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

10年来の友人に初めて逢った

ふとしたことで接触は無かったんだけど

10年ネット上やブログの上で知り合いを介して

などなど・・・でお付き合いが有った友人

敵がおんなじだったり、味方がおんなじだったりする

(と、言うと偏見があるが、至って我々は正常である)

そんな友人と

ひょんなことから今日初めて出会った

彼は六ヶ所で釣ったボンタンを持って・・・

おらは近所で買った粒あんのオヤキを持って・・・

5分ほどの出会いだったが

10年ぶりにあった戦友のような

さっきまで一緒に釣りをしてた釣友のような・・・

人生って楽しい(#^.^#)DSC_0580.jpg



posted by 真鯛様 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

neo375の威力

ボートを持って釣りをするのは

釣り人の目標だと思う

私は仕事がら早く船舶免許を取って

十和田湖にマイボートを置いて

サクラマスザンマイしてた

目的魚が海に移り、海峡にボートを浮かべて

真鯛に走ったのが10年ほど前

真鯛一筋と言うHPにマイボートと言うページが有って

トイレ付き・・の記述に笑った方も多いと思う。

今年、釣友tomyさんが移動式ボートネオ375を手放すと聞いて

交渉の末購入することになった

と、言っても一人だと色々大変なので、同僚Sさんと一緒に購入

途中問題が勃発し、このまま手放そうか・・とも思ったが

金をかけ始めたので、後には引けず

台車の車検やボートの艤装など行なった結果

先日無事、初出船となった。

牽引していく時間がどれ位かかるか解らないので

夜中に出発したのだが、意外とスピードも出せて3時間で平館についた

漁港内で下ろせる場所を確認し、深夜に作業

朝を待って初航海

ベタ凪ぎ全開で19ノットは出来過ぎ

boot.jpg

今まで乗ったどのプレジャーボートより安定性があるように思えた

小さいから、波はかぶるが、なかなか「あずましい」ボートである。

不沈船って言う響きも良いしね(#^.^#)

これからも活躍しそうな予感(#^.^#)



ところが・・・

平舘の隣の宇田漁港は、前回の事件以来、

一般のボート乗り入れ禁止になり、段々このような持ち歩くボートが

使いにくくなっている。

網の上を通過したり、網を釣ったり、穴があいたゴムボートを海に捨てたり

注意をすると開き直って怒り始めたり・・・では

漁師さんも次は許さない・・・となる。



傍若無人に振舞う僅かな釣り人の所為で

ただ楽しむための釣り人の居場所が少なくなって来ている。

今からでも遅くはない

漁港を使いたいのなら漁港のルールを守ろう

海で釣りをしたいなら、海のルールを守ろう

これが出来ないのなら釣りは辞めたほうが良い


おらはルールを守って、これからも釣は続けようと思う。

posted by 真鯛様 at 09:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

正規盤だと思ってたXPが偽物だと知った場合

どうすればいいんだろうかって電話が来た。
警察さ相談って言ったんだけど
もしかしたら、警察が鯛子さんのブログ見られてるかも知れないから
取り上げて・・と言われたので取り上げました。
(爆)
もし対処法がわかった人はコメントお願いします。

しかし、いまどきXP海賊盤かぁ
売らなきゃ良いのか?使わなきゃ良いのか?
おらは作ってもらったパソコンが
認証できなくなって、認証できなくなったとクレームつけたら
それはコピーですと言われ、慌てて正規盤XP買って無駄な出費しちゃった。




そんな話はさて置いて

今日はカテゴリー釣り

無駄な出費するくらいなら、これを使ってみろって話

先日平館で爆釣したとき、こっそり使ってた仕掛けがある。

いろいろ試したんだけど一番コンスタントに釣れたのがこれら

ドラゴンネイル.jpg

これは平館のような海流の早いところにピッタリな仕掛け

黒いのはミニテンテン

なんだけど、これを元に改良を重ねたのが下の二本

今回は餌なしで使った。

テンテンのようだが実は色々考えて作られている。

ロストしたときに環境に優しい。つまり有害な鉛は未使用。

鉛の毒が魚を通して人間の体に入るのを少しでも防ごうと制作された。

環境に優しいエコテンテンである。

その名もドラゴンスタイルと言う

フォールはくるくると回転して降りて、デカ真鯛にアピールしちゃうわけだ

そしてステイ・・この段階が海流に綺麗に従って泳ぐ

まるで小魚のように

餌は付けても付けなくても行ける

おいらはネクタイを1本結んだりしてる

そして・・・それを改良したのが

これバレット.jpg

これは優れものだよ

重さが70gと90gに変えられる

そして水色によって色も変えられる

さらにタコベイトを付けることで

インチク的使い方もできると言う優れものなのだ

そして、そして写真に穴があいている部分があるが

此処に、ケミホタルが入る

って事は、更にアピールする力があるって事

普段はジグを使ってる人も、タックルケースに1本忍ばせておくと

とても便利なウルトラバレットオクトパスです。

売ってる場所は

青森そふえ釣具です(#^.^#) 017−741−3103 

在庫はわずか・・いそげ(#^.^#)





posted by 真鯛様 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

あなたが無くしたのは金のリール?金のロッド?

安定した仕事をを捨てて海の男になったtomyさん

昨年から三厩に居を構え、海の男の生活を始めている

昨年釣った真鯛の数と場所を事細かく記録していて

実に数学家らしい

今まで出会った漁師と比べると、実に理路整然としてて良い

記録と記憶・・と言うのは釣り人には苦手な分野

だいたいは「この前釣った鯛は・・・」って話をしてるうちに

大きさが大きくなっていくのが普通だからね(爆)

そのへんが一般釣り人と大きく違っているtomyさん

だから、データに安心感がある

多くの釣り師や漁師は感を大切にしているがtomyさんは完全にデータ派

そのデータが確証となり漁師として生計が成り立っているのだと思うし

釣り人も慕うのではないだろうか・・





やだらに褒めるべ?tomyさんのこと

おらが人を褒めるってのは余程なんだよ・・・

本来毒吐きのtomyさんでね

かなり憎ったらしい毒を吐くんだ

でも実は

その毒の裏には優しさ隠し的な見た目では解らないモノがあるのだということが

垣間見れた事件(^0_0^)




それは先日の釣行での出来事・・・

昨年tomyさんが三厩で遊漁生業を行うために色々準備をしてきた

昨年は鬼カサゴのジギングに乗せていただいた

で、今年から真鯛を狙いながら本格的に遊漁業をしてるので

先月またも乗せていただいた

その時の出来事は思い出したくもないが

一瞬で約10万程の竿とリールが海の底へ泳いで行った

この事は前回のブログでも書いているので知ってると思うが

実はこの時・・・深良い話があったのです。



意気消沈して船を降りて、船代を支払った後にtomyさんが

「少ないけれどこれカンパ」とお金を私に手渡そうとしてくれた

自分の生活も大変なのに、おらの不注意で無くしたロッドに

カンパだよ(#^.^#)

勿論受け取らなかったが

なかなか出来ることじゃ無い(^0_0^)

おらが無くしたロッドとリールは返って来ないけれど

金のロッドと金のリールが目の前にあるような

そんな温かい気持ちになって・・・



今日、ようやく無くした竿とリールを新調して

この金の竿と金のリールには「成栄丸」と名付け大切にしようと思っている

http://www10.plala.or.jp/tomy03/seieimaru/seieimaru.htm



posted by 真鯛様 at 09:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

乗用車にヒッチメンバー

いろいろあって

平舘にマイボートを置きながら

勢いでミニボートを購入

それも同僚とふたりで・・・半額づつ出して・・・

今回のボートはユニック付きのトレーラーで牽引し

岸壁から海に下ろせるという優れもの

ふたりで釣るには申し分ない。



基本的には日本海や平舘は友人から借りて

これは八戸やむつ横浜用と考えている


牽引するには牽引する車が必要なのは・・・誰でも解る

勿論おらも解った・・・ので

牽引する車を考えたが、おらは昨年から乗用車を乗ってる

それも低燃費の4駆 トヨタプラッツである

今までプラッツにヒッチメンバー着いてたのは見たことが無く

これは苦労しそうだな・・・と思ってたら

案の定ヒッチメンバー屋純正はプラッツ用は無く

途方に暮れていたら

みんぱい杉山氏からメール

youtubeでプラッツにヒッチメンバー着いてたの見た・・・との事



速攻調べたらひとり用キャンピングカーを納車する画像だったので

早速メールしどうやって付けたかを聞いた

どうやらトヨタビッツとシャシが同じであるということが解った

トヨタビッツはアメリカでなんたら・・という名前で販売されていて

そのなんたら・・には合うヒッチメンバーが販売されている・・と言うところまで解った

ところが元来津軽弁が得意の鯛子である

英語?アイラブユーとハウマッチ、メイクラブプリーズが解ればどうにでもなるって

単身アメリカやオーストラリアに行った鯛子である

アメリカで「これけろ」ってしゃべって

あなたを殺しますって訳されて、タンダでない思いをした鯛子である。

で・・

これはやっぱり加工しかないなぁ・・と

取り外されているヒッチメンバーを探した・・・ら

あったぁ・・・

船の元所有者・・・(#^.^#)使ってないはず・・・(#^.^#)

そこで彼に電話して、平舘の友人の整備工場へ遊びに行かせ

話をしてるうちにヒッチメンバーを外すという暴挙に出た

そして外したのを、友人の溶接工場に持ち込み

加工して取り付けた。

電気関係はオレンジ色のつなぎを着たミカンさんがやってくれた

そしてついに

プラッツにヒッチメンバーが完成した。

プラッツ1_0.jpg

あとは船のトレーラーの車検である。

これも自分で受けようと模索中である。

そうそう・・一緒に買った同僚Sさんは

二級船舶免許を取りに青森通いが始まっている

いつになればこの船で海に出られるのか・・・

遅くとも・・・秋までには(爆)なんとかしたいと思っている。ヒッチメンバー_0.jpg











posted by 真鯛様 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

修理完了

今はあんまり使っていないんだけど

そのままにしておきたくないので

思い切って修理にだした

それもメーカーではなく、福岡のリール修理専門店へ

たまたま偶然ネットで見つけて

質問をぶつけてみたら、誠意ある解答

料金はそんなに安いわけじゃ無いけれど

安心料だと思って出してみた

メールでやりとりがあって

時間はかかりそうだなって思ってたら

意外にも一週間程で完成

送金して、本日到着

修理完了.jpg

嘘のようにハンドルが軽い

ん〜勿体なくて使えないなぁ(爆)

で、メールやりとりの中で教えてもらったこと

CRCは簡単に使えるから良いと思って使ってたんだけど

CRCは研磨剤が入っているから

ダメなんだと・・・

使ってるのが臭いで分かったらしい

ね(#^.^#)ちょっと信頼できそうでしょう

私はまたお願いしようと思ってます

http://www.reel-maintenance.com/
posted by 真鯛様 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

潜って見たい

サクラマスのシーズンが来た

1月から予約を入れて、待ってたこの時期

web上ではあっちこっちで爆釣って記事が載ってて

居ても立っても居られなかった

そして、19日、その日は来た。

荒れ男が二人もいる割にはべタ凪ぎ(爆)

結果的には船中5匹

おらは一匹も釣れなかったのだが

その検証・・・





昨年までは、フロロを使っていたのだが

思うところあってPEに変更

サクラマスはジャレて引っかかるガラガゲ状態も多いので

アシストの長さを変えてみたり

トリプルフックや、ダブルフックを使ってみたりと、

色々変えてみたのだが今イチしっくりしないので

今年はスッキリ型に戻した

ロッドはスピニングはウエダのジャーキンと

ベイトはダイワのシーゲイトを使っている

シーゲイトは少し柔らかいが釣れたときに楽しい。



シャクリは難しくない

ワンピッチでしゃくって、スティ

その後、ロングジャークでスティ

速さを変えて色々試してみるが

このスティのタイミングだけなような気もしている




で・・・タイトル

サクラマスの習性が詳しく解明されていないので

よく解らないが・・・経験と憶測で(爆)


サクラマスは基本的にヤマメである。

ジャレてガラガゲ状態になると言うことは

ジグに対してかなり反応を示している・・・筈。


底まで90mの場合

船からフォールさせて50m程落としてジギングを開始する

だいたい30m前後でヒットすることが多いが

稀に底付近でヒットすることがある

サクラマスが90m付近を回遊してるとは

あまり考えられにくいので

これは上からフォールしてるジグを追いかけて来たのでは?と推測

底付近には、いろんな外道が存在する

ホッケだったり、ソイだったり、アブラメだったり・・・

ジグを底まで落として、そこからシャクルと

サクラマスだけではなく、ソイやアブラメ等が中層に浮いてくる

すると

群れでいたサクラマスが散る

フォールで落としたジグにサクラマスも底までついて行って

棚が広がる・・・

結果、釣りにくくなる・・・・と言う見解

実際、昨日は友人たちの乗船だったので

乗船前に、底を叩かないように・・・とお願いした

しばらくは外道も釣れず、サクラマスだけヒットしていたのだが

一人が

サクラマスをヒットさせた

棚を聞くと底だという






案の定、その辺から、サクラマスの影は全く無くなり

外道だらけとなった。

水温が4度と通常より3度程低い事が原因だと

第十五朝日丸の船長は言ってたが

そればかりでは無いような気もしている。

あ〜潜って見てみたい

サクラマスはどの辺を回遊しているのか


鯛だったら、だいたい解るんだけどなぁ

明日、その辺を確認しにもう一度行ってくる

こっそり|゚Д゚)))


乗合船だから、最初から底叩きもあると思うので

おらは中層以下に落とさないようにして

サクラマスだけを狙って見たい





確認すると言っても

潜るわけではない

だから海パンは持ちません。







posted by 真鯛様 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

鱈子になりました

先週の話・・・

たらジギの予定が流れて・・・今年は無理かなって思ってたら

ひょんなことから出られるようになった

船は久慈のシーガル

久慈は南部から1時間と近い

漁港につくと無風ベタベタ

べた凪ぎの太平洋は初めてである

同僚の荒しのSさんが居てもベタベタである

本人は「ほら、おらの所為じゃ無い」なんて超ゴキゲン


1時間ほど乗って到着

早速ジギング開始

おいらは、夜光ジグ300g投入

いくら重くても関係ない

おいらは・・と電動ジギング・・・(爆)

一度この味を覚えれば、バーチカルは出来ない(-_-;)

底をしゃくって止める、フォールシャクル・・とヒット

次々に釣れるが船尾のおらには小型のみ

船首は大型ばかり釣ってる

同僚も3匹程大きいのを釣っている

おらの8匹と比べれば

3匹の方が確実に重そうだ(爆)

此処で、釣ったタラがベイトを吐き出した

なんと・・・鱧・・・ハモ・・・それも30cm程の・・・

此処で私、オークションで購入した

こんなに長いジグ釣れるわけない・・・と評判の

30cm300gの超ロングジグ投入


念じれば釣れる(爆)


これが功をなした

入れ喰いである。

鱈.jpg

船首に負けない超ロングジグ効果

結果は

そんなに釣れるわけないとクーラーも持っていかず

ゴミ袋・・・(爆)

2012tara1.jpg

全員がこの調子だったので、シーガルが沈みそうになって終了

この様子は




たら.jpg










posted by 真鯛様 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

札幌・小樽カーペット号の旅(爆)

いろいろあったんだけど

ブログに向かえず・・・

久しぶりに書いてみようかなって

所用で札幌に行くことになって

どうせ行くなら夢のカーペットカーに乗りたいって

子供みたいな想いを実現化させるために

まどりのみどぐち・・・緑の窓口に並んだのが一か月前

今まで幾度となく振られてきて

きっと今回もダメだろうなぁと思っていたが

10時発売で10時1分には完売

その二分後キャンセルが出たので、超ラッキー・・と買い求めた

そして待ちに待った一ヶ月

行ってきたんです。札幌・小樽へ

新幹線に乗って青森まで行って

青森から乗った「はまなす」目指すは4号車のカーペット号

カーペット2.jpg

夜行寝台は学生のとき、東京往復でいつも乗ってた

でも、カーペットカーは無かった

ある日、カーペットカーの存在を知り、何度か購入をトライしたのだが

今まで購入できなかった

今回、偶然取った日程は札幌雪まつりとダブっている

一番混む日に取れたことは奇跡に近い

恐る恐る乗り込む

通常のシートではない、飲み屋の小上がりのような雰囲気

周りは全てマニア

全員が写真を撮っている

おらも・・・

ka-petto.jpg

気がつくと札幌・・・(爆)余韻も何もない

速攻寝て・・・爆睡

朝の札幌はビルの間からお月様が出迎えてくれた

SANY0019_0.JPG


マイナス8度は青森と変わらないが・・・やはり寒い

所用を済ませるべく、友人のところへ向かった

夜・・・せっかくだから雪まつりでも見学

一番先に目についた

白いおしるこ(爆)

osiruko.jpg

まぁまぁめぇがった(#^.^#)

一番人気の雪の水族館は大人気で

マグロがいっぱい泳いでいた

yuki_0.jpg

すすきのへ向い

昔・・・この辺に軍艦トルコってあったよなぁ・・・と散策(爆)

すすきのでは氷の祭典

SANY0065_0.JPG

SANY0068_0.JPG

身も心も凍みでしまって

人肌が恋しくなったけれど、

今はもう役に立たなくなった息子と相談の上(爆)止む無く小樽のホテルへ


小樽ではホテルの前でイベントが行われていたが

あんまり寒すぎて、窓から写真撮って終了
 
otaru.jpg

そんな先週末でした





posted by 真鯛様 at 12:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

ぐぅふぅについて

言葉が足りなかったようなので

前回のぐぅふぅについて付け足します

青森県にはぐぅふぅの調理師免許が無いと書きましたが、

正確には青森県のぐぅふぅ調理師免許に無いのは調理経験と実技試験なのです。

講習を受ければ取れる。

ではどうすれば・・・

本県では、「青森県フグ取扱指導要綱」により、 フグを調理し、
提供する飲食店等の施設、若しくはフグ(活フグ、製造・加工された製品を含む)
を販売する施設は、保健所に届け出ること となっており、これらのフグ取扱営業所には、
保健所が交付した 「フグ取扱営業届出済証」を営業所の見やすい場所に掲示しておくこと
となっています。 青森県内でフグを喫食、購入する際は、
「フグ取扱届出済証」を掲示していない飲食店、販売店等で、フグを喫食、購入することが
ないよう注意してください。また、フグによる食中毒のほとんどは、素人がフグを家庭で調理したことが原因により発生しています。フグを食用にするためには、種類の鑑別や有毒部位の
除去等専門的な知識と技術を必要とすることから、釣ってきたフグやもらったフグを、
一般の方が素人調理し、喫食することは、非常に危険な行為です。
最悪の場合、死亡する恐れがあることから、素人調理は絶対に行わないようにしてください。


と県庁HPには書かれていた

危険なぐぅふぅだが、裏を返せば自己責任で食べる分には、

誰に断りもなく食べても良いと言うことなのか?

裏返しが得意な鯛子はつい、そんなふうに考えてしまうが・・・(爆)

ぐぅふぅの内蔵をそのへんに捨てて、犬や猫でも食べた日にゃぁ

イチコロだすけ、やっぱりわがねんだぉんぇ・・・(初南部弁)



やはり、きちんと講習は受けたほうが良さそうだ



では、改めて・・・

青森県においてその免許が欲しい場合?

それは講習だけでもらえるんです


県庁HPに申込書が載ってるし、またそれとは別に

社団法人 青森県調理師会が行っている

ぐぅふぅ処理実技講習会もそうらしいです

こっちは16000円支払って実技講習を受けるというもの



「ふぐの種類の鑑別」「ふぐの内臓の鑑別」「毒性の鑑別及び、ふぐ処理技術」などを

講習して目出度く免許が貰える・・・のかな?



おらは持っていないけれど

釣りバカ須藤弧渓さんは持っているはずなので

今度会ったら聞いてみたいと思ってます。




でも・・この前捨てた・・

でったらだぐぅふぅの精子

めったらだったなぁ・・・

命ほいどの鯛子は思い切って捨ててしまいましたが・・・(-_-;)
posted by 真鯛様 at 07:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

腹立たしくもあり、情けなくもあり・・・

いや、これは息子の話

息子っても

右足の親指と左足の親指の間の息子ではなく

自慢の息子

自慢の息子っても

右足の親指と左足の親指の間の息子・・・・くどいですね(爆)


まぁ水産部部長のコメントにも書いたんだけど

今回の話は

大人になれば意識してやることもあるが(爆)

学生のお前がやったことに、先生にそんなこと話しても通用しない

悪いことは悪い

だからキチンと謝りに行けって

そしたら

担任の先生が

やられた本人はこのことを知らないのだから

本人にわざわざ言う必要は無いから行くなって言ったから行けない




おらが憤ってるのは実はこの部分

更に

これで、犯罪と決めつけられたことが

腹立たしくもあり、

「息子がお父さんは正論だろうけど

先生に言いに行くと、今後のおらの(息子の)立場が

無くなるからくるなって」言われた情けなさと・・・が

入り交じって、クソ面白くないから

初釣りに行ったら


三厩のにわか漁師の顔も見たいし

って豪雪の中を行ってきた

狙いは鬼退治だったけれど

水草鰈とふぐの猛攻に会い

釣れては仕掛けを取られ

取られては釣ってとたいそう楽しかったそうな・・・

だから、今年の初物は河豚

だから何だというのだ

青森県は県条例にふぐの調理師免許は無い

だから食えるのだ(爆)



息子のことでふくれっ面しててもしょうがない

きれいさっぱり忘れて

今夜は河豚刺し(#^.^#)

hugu.jpg

右足の中指と薬指

左足の中指と薬指はヘルニアでしびれているが

もし、しびれたら・・・



一人死ぬなぁ・・・





一人暮らしの男性ふぐの毒にあたって死ぬ

ってな見出し見つけたら

線香の1本も・・・いや一本だと足りないなぁ

やっぱり10本・・位は

一本でも線香

10本なら・・・man・・


寝不足だから帰ろっと(゜∀。)
posted by 真鯛様 at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

久し振りに釣りの話題などなど




釣友Tomyさんが三厩で漁師を目指して頑張っている




公務員という安定した仕事を辞めて

全てを捨てて、釣りの漁師を目指している

このご時世にだ

全くもって頭が下がる

男のロマン・・・なんて甘っちょろいモンじゃない

嵐が来れば数日、数十日海に出ることが出来ない

海に出れなければ収入がない

どっかの釣れなければ船で釣った魚を

砂浜に置いて

さもさもオカッパリで釣れました・・・なんて釣りの原稿を書いたり

友人知人を騙して金をせびっているマッチの仲間(ライター)とは大違いである



tomyさんの爪の垢でも煎じて飲めば良いのだ

最もtomyさんは風呂に入っているのか?と思われるほど黒く

爪の垢の効果は抜群そうだ(爆)


話が脇道に逸れたが・・・そんなtomyさん

ようやく船も決まり、三厩漁協の正式な組合員になったとの事

徐々に遊魚もやるとの事で、陣中見舞いも兼ねて遊びに行った

もちろん、釣り竿 持参である




久しぶりに会って真っ黒に日焼けした漁師tomyさんを見たときは

ちょっとウルッと来た

頑張ってる姿は清々しい

思わず、車に置いてあった福地ホワイト六辺種を渡し

「もっと頑張れ」と意味の無い言葉を発していた

(爆)



三厩の海は同僚初代海を荒らす男、しもさんが登場なのだが

しもさんとtomyさんが一緒に居て

凪ぎだったことが一度もないと言う

予想をやっぱり裏切る事も無く、少し波が高い



それでも行けそうなので準備を始めた



今の時期は鬼カサゴが良い

刺されるとアブドーラ・ザ・ブッチャーのように腫れる



瀕死の重症となる猛毒を持っている魚であるが

食べると美味い

料理方法はリンク先のナウシカさんを
参照してください


(前日行ってるはずだからキッとアップしてます)

波の高さと釣果は比例し

割とコンスタントに釣れる

オニカサゴは一年に数ミリしか大きくならない

と聞いたことがある

それでも800g程度の旨そうな赤鬼が次々に釣れてくる



とりあえず今夜は刺身かな?

満足な釣果と楽しい会話と少しだけの船酔い(しもTomyが一緒なら仕方がないが )で







今夜は君の夢が見れそうです(爆)



posted by 真鯛様 at 16:37| 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

なんと数ヶ月ぶりの真鯛

写真はありませんが

(爆)

昨日、数ヶ月ぶりに小泊へ出た

初代荒れ男のSさんと一緒に・・

ベタ凪を選んでいっても荒れた(爆)

で・・釣果

結果から行くと

大釣りは出来なかったけれど

とりあえず坊主は免れたと、言ったところ

秋の真鯛との事で数年ぶりにイソメを準備

イソメと言えばブラーで真鯛の鯛子さんだが

最近はイソメ使ってないから・・・・ブラーが一個もない

そこでタックルボックスから出したのが

平舘の釣友、タイキチ船長が作っている「ドラゴンネイル」

これは何が良いかというと

置きザオが出来る

つまり勝手に餌が泳いでいるのだ

魚探を見てレンジを確認して、そこに置くだけで釣れると言う優れモノ


餌を使う皆さん・・是非使ってみてください。

オラ的には海松がお薦めです。

今年最後かも知れない小泊の釣りは

半笑いの女神様がウインクしてくれました。

写真はそのうちアップします。
posted by 真鯛様 at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

一年間の間

ずぅっと君の事を想っていた

ひと時だって、君を忘れることはなかったんだ

だから少しぐらい雨が降ったって気にはならなかった

真っ暗な波の音だけの浜辺で

君が現れるのをずぅっと待ち続けた

小一時間もたった頃に君はようやく現れた

待ちすぎた僕はとても疲れてしまっていたが

それでもせっかく君から逢いに来てくれたので

うれしさのあまり




おもいっきりケリをいれていた

それでも、大きくなったお腹だけは

蹴らない様に気を使いながら

何度も何度も蹴りを入れたんだ



少しグッタリしていた君だったが、正気を取り戻して

何故か僕から逃げようとするので

僕は、傍にあった大きな石をつかみ

背後から思いっきり叩き付けた。



君はその瞬間、口から血を流し、もう騒ぐことはしなかった。



君を隠しておくために用意された大きいナイロン袋に

君は横たわっていた。

しばらくすると

大切な君との思い出を邪魔しに来た「猫」がいた

袋にいれられた君に寄り添おうとする猫に

少しだけ嫉妬心が芽生える。

小石を拾い投げつける

僕は意外と優しい人間なので

君や猫に当たらないように

気を使いながら

小石を投げる

猫は小走りで去っていった。


何処かで汽車の音がする


もうタイムリミットのようだ

こっそり君を車のトランクに押し込み自宅へと急ぐ

自宅では良く研がれた包丁が君を待っているよ

もう直ぐだから待っててね・・と

バックミラーに話しかける



さぁ到着だ

真っ白いお腹に包丁を突き刺す

さよなら僕の恋人・・・

そして

こんにちは

僕の


僕の大好きな



痛風の元



(爆)

20101007061127.jpg


あっ写真は昨年のものです(爆)
今年のものはお腹の中に・・・

入ってから写真が無い事に気付きました
posted by 真鯛様 at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

鯛は居れば釣れる

2時間かけて平舘へ

朝一の爆釣で終わったけれど

船中15枚

最大80cm

ナウちゃんの小泊94には程遠いが

そこそこ楽しんだ

今年の初平舘


今週末はフィーバーの予感。

さて次回は何時?
posted by 真鯛様 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

行ぐどぅ

真鯛一筋だった昔に比べ

今はいろんなことに興味を示しすぎ・・・

仕事も変わったので自由な時間を作りにくいし

なんたって釣り場まで遠い

小泊まで3時間

平舘まで2時間半

自宅からはどっちも1時間の距離なのに・・・

八甲田山と言う障害物を乗り越える労力((((;゚Д゚))))

それでも友人たちのブログで真鯛の話が出てくれば

居ても立ってもいられなくなり

向かう

1時間で行ける距離であれば

仮に着いて海が荒れていても

まぁ仕方がないなぁ・・と帰れるが

片道3時間は

簡単に帰るかぁ・・と言える時間ではない

なんたって、それから3時間また車に乗るわけだ

朝2時に出発し、5時に着き、支度をし6時出航

急に荒れてきましたので帰ります

7時帰港

支度をし8時出発

11時着・・・・・


無駄な一日となってしまいます


ですから

天気予想は慎重にです。

目で見て一番解りやすいのは沿岸波浪モデル予想(気象庁発表)


これが真っ黒になれば概ねOK

そしてやっぱり天気図

天気図は刻々と変わります

ですから前後の予想が付くバイオウェザーサービス

その他何箇所かの予報を見て日にちを決めて

そして最後は神頼み(爆)






海を荒らすと噂される

同僚の奥さんが理不尽な理由で仕事が無くなり

同僚はしばらく釣りを休むと言うので

仕方ないから当面は一人で行きます。







べた凪ぎの海へ(^^ゞ




posted by 真鯛様 at 09:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

聴きやすい言葉

聴きやすい言葉と

聞きにくい言葉がある

耳に入る・・ではない

受け入れたい言葉と受け入れたくない言葉

である。





今回の地震の二日後はべた凪ぎのサクラマス釣行予定であった

それでも地震後数時間の間は

停電もこんなに長くなると思っていなかったし

まさかあんなに大きな津波が沿岸を襲っているとは

予想だにしなかったから

明後日の仕掛けでも作ろうかな・・・なんて、のほほんと構えていた

勿論あの地震の状況が明るくなるにつれて

当然であるが

釣行中止なのかなぁ・・・から・・・こんな日には行けないでしょうに変わった



ガソリンが無い、食物がない、電気が来ない、携帯が使えないなどなどの

不便を強いられながらもあれから二十日が過ぎた

元ボーイスカウトの鯛子は意外にもそんなに不便を感じなかったけれど

いかに普段の生活が電気中心の生活だったかを痛感したし

電気のありがたさも知った

会社で行なった義援金運動にも1,000円を寄付したし

GREEやYahooでは8,000円の寄付をした

合わせて9,000円である

今まで赤い羽根運動だって鶏殺して何が赤い羽根運動や・・等と思って

寄付などしなかった男が今回は流石に何かしなければ・・と

寄付に走った(というほど大金でもないが)

100万円寄付した人に表彰状の贈呈・・という記事を見て

その表彰状制作にいくらかかるんだろう

その分被災地に回せば何人かは飯が食えるのになぁ・・・

等と腹立てたりもしてた。

数日前にネットで見た言葉

通常の生活が出来る人が通常の生活をし始めないと

社会が回って行かないから楽しめる人は楽しむべきである

そして

被災者の言葉

私たちに気兼ねしてイベント中止などして楽しむのを止めないで

中止されたりしたら、それこそ屈辱



どちらも内容は同じであるが

受け入れやすい言葉と受け入れにくい言葉だった


それでも・・・

楽しめるときは楽しもう・・などと

釣りにもそろそろ行ってみようかな?・・・等と考えていたら

前述の岩手釜石の友人から電話

まだお母さんが見つかっていない

それでも親戚の家に世話になりながら

飯だけは食わしてもらっている

家族5人これから住む場所を探して行かなければ行けない

と言ってたので

自治体で仮住まいのホテルなど準備して何百人受け入れ態勢完了なんて言ってるよ

早く、申し込んだら・・・と言うと

当の被災地にはそのような情報が未だ入っていない

自治体そのものが、まだそこまで機能していない

と言う答えだった

食料を送るから住所を教えて?と言うと

現場はまだまだ宅急便などが立ち入れる状況ではなく

無理だから気持ちだけ受け取っておく・・・と



頑張れとしか言えず電話を切った


何もできない悔しさだけが残った





posted by 真鯛様 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

サクラジギング

予約する度にキャンセルを喰らっていた

サクラマスジギング

昨日は久しぶりに出られた

釣ることよりも出られた‥という嬉しさ(爆)

これで満足・・出来る訳がない

SNSのメンバーでの貸切の第十五朝日丸

20台から60台までのネットでのつながりで釣友になった人たち

さりげないつきあいから始まっても

一生付き合える仲間になったりする

だから騙したりしちゃいけないのだよ・・・T

で、くじ引きで決まった席に着く

会社でも船でも隣にいるSさん(爆)

頭に動画用カメラを装着している。

おそらく今日の様子もYouTubeにupされるのだろう

昨日から釣果が芳しくなくなったと言う船長の弁通り

渋い

それでもあちこちから歓声が上がる

会社のお客さんで今回がさくらジギング初めてというKさんが

立て続けにヒットさせる

だんだん焦ると気が魚に感づかれる(爆)

ここで豊漁のアクアマリンブレスレット登場

がんたまんだらがんたまんだら・・・・

ヒット・・・海に出られればおらのもの(爆)

上がってきたのは銀ピカのヤマメ

空飛ぶヤマメ(爆)

今まで川で釣ったヤマメの最高が○○cm




それより少し小さいけれど

ヤマメとしてはかなり大きいサイズ(爆)

※サクラマス(桜鱒、 O. masou )は、
サケ目サケ科に属する魚。ヤマメはサクラマスの河川残留型(陸封型)
名前の由来については、
桜の花の咲く頃に漁獲されるからや産卵期の婚姻色と諸説有ある




その後ヤマメより大きいホッケやアブラメを追加し

最後の流しできちんとしたサクラマスもゲットし

今季初さくらジギングは終了となった

写真は・・・・カメラを忘れて・・・無い

nousi_0.jpg
posted by 真鯛様 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

アクアマリン勝ったのに

image/2011-02-20T12:07:44-1.jpg海が荒れて中止

(爆)


まぁ今の時期仕方がないですね


今夜は鱈鍋の予定でしたが

残念です


で昨夜八戸ポートに

カニ取りに行きました。

今夜の味噌汁はカニ汁です手(チョキ)
posted by 真鯛様 at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。