2012年03月29日

東北デビュー

本日7時30分から

NHKで東北民謡コンクールと言う番組が放映されます

昨年は残念ながら県代表にはなれなかったが

(予選で唄がとまった)

今年は無難にクリアーしたらしい

と、言うのも、お父さんはドキドキで見てられなくて・・・

予選も、代表決定戦も行かなかった。

代表になったよって電話が来たときは

飛び上がるほど嬉しかった。






思えば・・・

小学校1年から始まった民謡

一年目でいきなり、津軽五大民謡全国大会で優勝

次の年とその次の年

勢いで優勝しちゃって、三連覇

津軽りんご節全国大会も優勝しちゃって

どこまで上がるの?って見てたら

その後、緊張を覚える年代に入り

人前で歌うことに恥ずかしさなど覚え

ドキドキのあまり、ブレスの場所を間違えて、途中で唄が止まってしまうという

病気に罹り、大会の出るたびに予選落ち

たまに通っても、声が伸びず敗退・・・

を何年も繰り返してしまった(~_~;)

だからこそ、今年代表になったと聞いたときは大喜びで

目から・・・汗゚(゚´Д`゚)゚


NHKの大会は全国大会がない

東北各県と新潟から大人2名ジュニア1名が選ばれて東北大会に出る

県大会はラジオ放送のみ

ところが東北大会は「うだでぐ」じぇんこかがってる

テレビカメラだって固定が3台移動が3台

スタッフは出場者の数倍(爆)

娘は勿論ジュニア部門で出場したのだが

ジュニア部門は中、高校生

単に中、高校生とイッパひとからげにしてるけど

中学生と高校生の違いは、天下と綿花の差がある

現に、ジュニアの部で大賞を貰うと

次の年、一般の部に招待出場出来る

そして概ね・・・上位に食い込む

ジュニアで優勝し、次の年一般でも優勝って言うのも

珍しくない。

今年だって、昨年のジュニアの大賞受賞者が

一般の部で優秀賞(準グランプリ)

高校生が一番伸びのある綺麗な声を出すって事なのだろう

その高校生に中学生が挑戦・・・というのは

大人と子供の差が出る

それでもテレビカメラ数台が構える中で唄う事が出来るのは

この大会ならでは・・・

まさに東北デビューなのである。

大会は3月20日終わっている

結果は当然のように大賞をもらえなかった

が・・・

相当の自信にはなったと思う。

当日、現場にいて、この子の父親は

また止まればどうしようって

ドキドキしすぎて会場内に入れず

全く、見ても聞いても居ないので

今日、テレビの前で改めて観るそうだ(爆)

皆さんも日本の伝統を再確認しながら

応援くだされば幸いです。

東北限定 NHK 夜7:30〜 東北民謡コンクールです


posted by 真鯛様 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260943189
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック