2012年02月21日

突然ですが・・・

おらは

包茎ではありません。

ここは、はっきりさせておいて

お読みください。m(__)m

ナオ、部位が部位の話だけに写真は一枚もありませんが

どうしてみ見たい場合はメールでも頂ければ・・・(巨爆)





昨年から、下半身・・・つまり

右足親指と左足親指の間に異変が起きていた

まぁ・・この歳になって、頻繁に使用するものではないので

気にしないで居たのだが

時々赤くただれて、痛い・・

それでもリンデロンVG軟膏(鎮痛,鎮痒,収れん,消炎剤)を付けると

少しは気休め程度に良くなったりしてたが・・・



今回はどうやら、笑ってはいられない状況になったようす。



どうなったかと言うと

激痛・・なのである。お湯をかけるとシミルのである。跳ねる位にシミル。

綺麗にしようと石鹸で洗うとモットモット滲みるのである。

見た目も血がにじむように見えるのである。

玉ではない

竿が痛いのである。

頭の中に「性病」と言う言葉が過ぎるが

ここ数年、そのような行為には出会って居ないので

直接移る・・・という事は無い

であれば、風呂かプールか・・・

しかし、今まで、二次感染的にウツる性病は聞いたことがない

で、ググッた。

「性器」「痛い」で検索

出るわ出るわ・・・それも写真付きで・・・(爆)

そして、ひとつづつ検索・・・

そして、たどり着いた・・・

ガンジタ・・・「感じた」ではない

ガンジタ・・・である。

カンジダは、真菌(カビ)の一種で、膣や外陰、尿道、肛門などに常在している菌です。
普段は、常在菌として特に問題がないのですが、体の抵抗力が落ちたり、薬の副作用で
カンジダの菌が活発になりカンジダ感染の状態になります。

更に

尿道に菌がついても排尿や洗い流すことで、あまり感染することはありません。
しかし、陰茎の包皮の部分や、洗い流さずに湿度の高い状態に放置すると、
その部分にカンジダ感染症状が表れ、酷いかゆみと痛みがでることがあります。

カンジダが異常増殖する原因として最も多いケースは、
「身体の抵抗力を落とした」という場合でしょう。
風邪を引いた、疲れがたまっていた、寝不足が続いた、ストレスが多い、
などが主な原因と考えられる場合です。

次いで良くあるケースでは、抗生物質を服用した後でしょう。
膀胱炎、風邪、歯の治療後などでは抗生物質を処方されることが多く、
また怪我をした後などにも「化膿止め」と言って処方される


つまり

ガンジダは性病ではなく、カビであること

女性なら誰でも持っていること

男性がこの病気になる場合は

蒸れる状態が長く続いて、抗生物質を飲んで、ストレスが溜まってた時期


回顧

確かに昨年の夏

どうやらムズムズしてるなぁ・・と思った時期があった



おらは野球の審判をしている

昨年の夏に、ストライクゾーンがやたらに一定せずに

悩んでいた時期があった、

その時、夏風邪を引いて、熱が下がらず、抗生物質の世話になった。

野球の審判をするときに、股間を守るために

野球のボールから大切な玉玉を守るために

ファールカップなるものを長時間股間に付ける

nbs_100t.jpg


勿論、かなり蒸れる

清潔にしようと

やたらに石鹸で洗ってた(爆)

さらに・・・・・・



全てが逆効果・・・

石鹸で洗ってきれいになるのはバイ菌だけです。
植物であるカビ(カンジダ菌)は、皮膚に根がはっていて洗っても取れません。
結果としてバイ菌だけが、いなくなりカンジダ菌は残るのです。
カビとバイ菌の勢力バランスは崩れ、カビだけがドンドン増殖します。
カンジダ性亀頭包皮炎は一層悪化します。




ばい菌は殺すがカビは死なない。

逆にカビが増えるように努力していたわけだ。

更に

リンデロンVG軟膏やゲンタシン軟膏は、バイ菌の炎症を抑えるための治療薬ですから、
カビであるカンジダ菌には効き目がありません。
効き目がないどころか、バイ菌を殺しますので、益々悪化します。

と書いていた。

オーマイゴット

やはり医者に行って

若い綺麗な看護婦にゴム手袋履いた白い手で

ワシづかみにされるのかぁぁぁ・・・と

ググッた先を読んでいったら

水虫の薬で簡単に治る・・・と書いていた。ので

速攻・・・ツルハに行って

ラミシールクリームプラスを購入

このラミシール軟膏

メンソールが入っているので、スースーして

とてもよい。

癖になりそう・・・って思っていたら

あっという間に

完治




これで

いつでも何処でも使えるぞ・・・




なんて事には

なりませんでした。



世の男性諸君、あすは我が身・・・



お気を付けください。


posted by 真鯛様 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐだめぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253385847
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。