2012年01月20日

ぐぅふぅについて

言葉が足りなかったようなので

前回のぐぅふぅについて付け足します

青森県にはぐぅふぅの調理師免許が無いと書きましたが、

正確には青森県のぐぅふぅ調理師免許に無いのは調理経験と実技試験なのです。

講習を受ければ取れる。

ではどうすれば・・・

本県では、「青森県フグ取扱指導要綱」により、 フグを調理し、
提供する飲食店等の施設、若しくはフグ(活フグ、製造・加工された製品を含む)
を販売する施設は、保健所に届け出ること となっており、これらのフグ取扱営業所には、
保健所が交付した 「フグ取扱営業届出済証」を営業所の見やすい場所に掲示しておくこと
となっています。 青森県内でフグを喫食、購入する際は、
「フグ取扱届出済証」を掲示していない飲食店、販売店等で、フグを喫食、購入することが
ないよう注意してください。また、フグによる食中毒のほとんどは、素人がフグを家庭で調理したことが原因により発生しています。フグを食用にするためには、種類の鑑別や有毒部位の
除去等専門的な知識と技術を必要とすることから、釣ってきたフグやもらったフグを、
一般の方が素人調理し、喫食することは、非常に危険な行為です。
最悪の場合、死亡する恐れがあることから、素人調理は絶対に行わないようにしてください。


と県庁HPには書かれていた

危険なぐぅふぅだが、裏を返せば自己責任で食べる分には、

誰に断りもなく食べても良いと言うことなのか?

裏返しが得意な鯛子はつい、そんなふうに考えてしまうが・・・(爆)

ぐぅふぅの内蔵をそのへんに捨てて、犬や猫でも食べた日にゃぁ

イチコロだすけ、やっぱりわがねんだぉんぇ・・・(初南部弁)



やはり、きちんと講習は受けたほうが良さそうだ



では、改めて・・・

青森県においてその免許が欲しい場合?

それは講習だけでもらえるんです


県庁HPに申込書が載ってるし、またそれとは別に

社団法人 青森県調理師会が行っている

ぐぅふぅ処理実技講習会もそうらしいです

こっちは16000円支払って実技講習を受けるというもの



「ふぐの種類の鑑別」「ふぐの内臓の鑑別」「毒性の鑑別及び、ふぐ処理技術」などを

講習して目出度く免許が貰える・・・のかな?



おらは持っていないけれど

釣りバカ須藤弧渓さんは持っているはずなので

今度会ったら聞いてみたいと思ってます。




でも・・この前捨てた・・

でったらだぐぅふぅの精子

めったらだったなぁ・・・

命ほいどの鯛子は思い切って捨ててしまいましたが・・・(-_-;)
posted by 真鯛様 at 07:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初の南部弁・・・(笑)
染まってきたのかな・・・(笑)
Posted by tomi at 2012年01月20日 15:17
染まるど思う?
Posted by taiko at 2012年01月20日 16:35
青森県のフグの調理師免許は、
青森市の保険所に申し込めば、
お金が掛からないで、
半日の講習でもらえまっせ。\(^o^)/

あと、フグの白子(精巣)は、
殆どの種類が無毒ですので、
トラフグ、ショウサイフグ、
真フグ、ゴマフグ(青フグ)など、
かなり美味しいでっせ。(^o^)/~
Posted by STO孤渓 at 2012年01月21日 12:40
弧渓さん
お久しぶりです(#^.^#)

今年もよろしくお願いします。

半日の講習?で無料?

行かなくちゃ・・・(#^.^#)

白子は無毒なんですか?

もったいないことをしました。

また、三厩に河豚狙いに行かなくちゃ(爆)

Posted by taiko at 2012年01月22日 07:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/247313201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。