2012年02月27日

天下のローソンも・・・

昨日、八戸のローソンで辛いLチキを買ったんだ

食べようと思って

開けて、一口かぶりついた

ら・・・・

違和感が・・・



口の中に髪の毛が入ってるような違和感が・・・

そのまま

出してみると・・・

Lチキ.jpg

バックが白いとわかりにくいですね

Lチキ1.jpg

拡大してみると

Lチキ拡大1.jpg

そして

Lチキ拡大.jpg


くれぐれも言っておきますが

私、クレーマーではありません

お金を払って商品を買って

食べようとしたら、このような口に入れるものではない物体が

入っていた。

ので・・・ローソンにメールを打ちました。

返事待ちです。
posted by 真鯛様 at 08:43| Comment(8) | TrackBack(0) | ぐだめぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

ガハハハハ

やっぱりおらの考えは間違っていなかった

サクラマスはやっぱりヤマメだった

DSC_0336.JPG

ということで、前回のリベンジ成功

絶不調の中、6本は上出来

前日同僚Sさんとの会話の中で思い出したヤマメの習性



リベンジの内容はしゃくり方と魚の居る場所の特定

そして、そこからどうやってジグに興味を持たせて

どこの位置で食わせるか

結果は上出来だった

次回もう一度このやり方でチャレンジして

確定させれば・・・

マス子を名乗っても良いかも(巨爆)

SANY0107.JPG



ちなみに・・・マコガレイは40m付近でヒット、アブラメは20m付近でヒット
       底からではなく上から(爆)底までは90m
posted by 真鯛様 at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

潜って見たい

サクラマスのシーズンが来た

1月から予約を入れて、待ってたこの時期

web上ではあっちこっちで爆釣って記事が載ってて

居ても立っても居られなかった

そして、19日、その日は来た。

荒れ男が二人もいる割にはべタ凪ぎ(爆)

結果的には船中5匹

おらは一匹も釣れなかったのだが

その検証・・・





昨年までは、フロロを使っていたのだが

思うところあってPEに変更

サクラマスはジャレて引っかかるガラガゲ状態も多いので

アシストの長さを変えてみたり

トリプルフックや、ダブルフックを使ってみたりと、

色々変えてみたのだが今イチしっくりしないので

今年はスッキリ型に戻した

ロッドはスピニングはウエダのジャーキンと

ベイトはダイワのシーゲイトを使っている

シーゲイトは少し柔らかいが釣れたときに楽しい。



シャクリは難しくない

ワンピッチでしゃくって、スティ

その後、ロングジャークでスティ

速さを変えて色々試してみるが

このスティのタイミングだけなような気もしている




で・・・タイトル

サクラマスの習性が詳しく解明されていないので

よく解らないが・・・経験と憶測で(爆)


サクラマスは基本的にヤマメである。

ジャレてガラガゲ状態になると言うことは

ジグに対してかなり反応を示している・・・筈。


底まで90mの場合

船からフォールさせて50m程落としてジギングを開始する

だいたい30m前後でヒットすることが多いが

稀に底付近でヒットすることがある

サクラマスが90m付近を回遊してるとは

あまり考えられにくいので

これは上からフォールしてるジグを追いかけて来たのでは?と推測

底付近には、いろんな外道が存在する

ホッケだったり、ソイだったり、アブラメだったり・・・

ジグを底まで落として、そこからシャクルと

サクラマスだけではなく、ソイやアブラメ等が中層に浮いてくる

すると

群れでいたサクラマスが散る

フォールで落としたジグにサクラマスも底までついて行って

棚が広がる・・・

結果、釣りにくくなる・・・・と言う見解

実際、昨日は友人たちの乗船だったので

乗船前に、底を叩かないように・・・とお願いした

しばらくは外道も釣れず、サクラマスだけヒットしていたのだが

一人が

サクラマスをヒットさせた

棚を聞くと底だという






案の定、その辺から、サクラマスの影は全く無くなり

外道だらけとなった。

水温が4度と通常より3度程低い事が原因だと

第十五朝日丸の船長は言ってたが

そればかりでは無いような気もしている。

あ〜潜って見てみたい

サクラマスはどの辺を回遊しているのか


鯛だったら、だいたい解るんだけどなぁ

明日、その辺を確認しにもう一度行ってくる

こっそり|゚Д゚)))


乗合船だから、最初から底叩きもあると思うので

おらは中層以下に落とさないようにして

サクラマスだけを狙って見たい





確認すると言っても

潜るわけではない

だから海パンは持ちません。







posted by 真鯛様 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

突然ですが・・・

おらは

包茎ではありません。

ここは、はっきりさせておいて

お読みください。m(__)m

ナオ、部位が部位の話だけに写真は一枚もありませんが

どうしてみ見たい場合はメールでも頂ければ・・・(巨爆)





昨年から、下半身・・・つまり

右足親指と左足親指の間に異変が起きていた

まぁ・・この歳になって、頻繁に使用するものではないので

気にしないで居たのだが

時々赤くただれて、痛い・・

それでもリンデロンVG軟膏(鎮痛,鎮痒,収れん,消炎剤)を付けると

少しは気休め程度に良くなったりしてたが・・・



今回はどうやら、笑ってはいられない状況になったようす。



どうなったかと言うと

激痛・・なのである。お湯をかけるとシミルのである。跳ねる位にシミル。

綺麗にしようと石鹸で洗うとモットモット滲みるのである。

見た目も血がにじむように見えるのである。

玉ではない

竿が痛いのである。

頭の中に「性病」と言う言葉が過ぎるが

ここ数年、そのような行為には出会って居ないので

直接移る・・・という事は無い

であれば、風呂かプールか・・・

しかし、今まで、二次感染的にウツる性病は聞いたことがない

で、ググッた。

「性器」「痛い」で検索

出るわ出るわ・・・それも写真付きで・・・(爆)

そして、ひとつづつ検索・・・

そして、たどり着いた・・・

ガンジタ・・・「感じた」ではない

ガンジタ・・・である。

カンジダは、真菌(カビ)の一種で、膣や外陰、尿道、肛門などに常在している菌です。
普段は、常在菌として特に問題がないのですが、体の抵抗力が落ちたり、薬の副作用で
カンジダの菌が活発になりカンジダ感染の状態になります。

更に

尿道に菌がついても排尿や洗い流すことで、あまり感染することはありません。
しかし、陰茎の包皮の部分や、洗い流さずに湿度の高い状態に放置すると、
その部分にカンジダ感染症状が表れ、酷いかゆみと痛みがでることがあります。

カンジダが異常増殖する原因として最も多いケースは、
「身体の抵抗力を落とした」という場合でしょう。
風邪を引いた、疲れがたまっていた、寝不足が続いた、ストレスが多い、
などが主な原因と考えられる場合です。

次いで良くあるケースでは、抗生物質を服用した後でしょう。
膀胱炎、風邪、歯の治療後などでは抗生物質を処方されることが多く、
また怪我をした後などにも「化膿止め」と言って処方される


つまり

ガンジダは性病ではなく、カビであること

女性なら誰でも持っていること

男性がこの病気になる場合は

蒸れる状態が長く続いて、抗生物質を飲んで、ストレスが溜まってた時期


回顧

確かに昨年の夏

どうやらムズムズしてるなぁ・・と思った時期があった



おらは野球の審判をしている

昨年の夏に、ストライクゾーンがやたらに一定せずに

悩んでいた時期があった、

その時、夏風邪を引いて、熱が下がらず、抗生物質の世話になった。

野球の審判をするときに、股間を守るために

野球のボールから大切な玉玉を守るために

ファールカップなるものを長時間股間に付ける

nbs_100t.jpg


勿論、かなり蒸れる

清潔にしようと

やたらに石鹸で洗ってた(爆)

さらに・・・・・・



全てが逆効果・・・

石鹸で洗ってきれいになるのはバイ菌だけです。
植物であるカビ(カンジダ菌)は、皮膚に根がはっていて洗っても取れません。
結果としてバイ菌だけが、いなくなりカンジダ菌は残るのです。
カビとバイ菌の勢力バランスは崩れ、カビだけがドンドン増殖します。
カンジダ性亀頭包皮炎は一層悪化します。




ばい菌は殺すがカビは死なない。

逆にカビが増えるように努力していたわけだ。

更に

リンデロンVG軟膏やゲンタシン軟膏は、バイ菌の炎症を抑えるための治療薬ですから、
カビであるカンジダ菌には効き目がありません。
効き目がないどころか、バイ菌を殺しますので、益々悪化します。

と書いていた。

オーマイゴット

やはり医者に行って

若い綺麗な看護婦にゴム手袋履いた白い手で

ワシづかみにされるのかぁぁぁ・・・と

ググッた先を読んでいったら

水虫の薬で簡単に治る・・・と書いていた。ので

速攻・・・ツルハに行って

ラミシールクリームプラスを購入

このラミシール軟膏

メンソールが入っているので、スースーして

とてもよい。

癖になりそう・・・って思っていたら

あっという間に

完治




これで

いつでも何処でも使えるぞ・・・




なんて事には

なりませんでした。



世の男性諸君、あすは我が身・・・



お気を付けください。


posted by 真鯛様 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐだめぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

鱈子になりました

先週の話・・・

たらジギの予定が流れて・・・今年は無理かなって思ってたら

ひょんなことから出られるようになった

船は久慈のシーガル

久慈は南部から1時間と近い

漁港につくと無風ベタベタ

べた凪ぎの太平洋は初めてである

同僚の荒しのSさんが居てもベタベタである

本人は「ほら、おらの所為じゃ無い」なんて超ゴキゲン


1時間ほど乗って到着

早速ジギング開始

おいらは、夜光ジグ300g投入

いくら重くても関係ない

おいらは・・と電動ジギング・・・(爆)

一度この味を覚えれば、バーチカルは出来ない(-_-;)

底をしゃくって止める、フォールシャクル・・とヒット

次々に釣れるが船尾のおらには小型のみ

船首は大型ばかり釣ってる

同僚も3匹程大きいのを釣っている

おらの8匹と比べれば

3匹の方が確実に重そうだ(爆)

此処で、釣ったタラがベイトを吐き出した

なんと・・・鱧・・・ハモ・・・それも30cm程の・・・

此処で私、オークションで購入した

こんなに長いジグ釣れるわけない・・・と評判の

30cm300gの超ロングジグ投入


念じれば釣れる(爆)


これが功をなした

入れ喰いである。

鱈.jpg

船首に負けない超ロングジグ効果

結果は

そんなに釣れるわけないとクーラーも持っていかず

ゴミ袋・・・(爆)

2012tara1.jpg

全員がこの調子だったので、シーガルが沈みそうになって終了

この様子は




たら.jpg










posted by 真鯛様 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

札幌・小樽カーペット号の旅(爆)

いろいろあったんだけど

ブログに向かえず・・・

久しぶりに書いてみようかなって

所用で札幌に行くことになって

どうせ行くなら夢のカーペットカーに乗りたいって

子供みたいな想いを実現化させるために

まどりのみどぐち・・・緑の窓口に並んだのが一か月前

今まで幾度となく振られてきて

きっと今回もダメだろうなぁと思っていたが

10時発売で10時1分には完売

その二分後キャンセルが出たので、超ラッキー・・と買い求めた

そして待ちに待った一ヶ月

行ってきたんです。札幌・小樽へ

新幹線に乗って青森まで行って

青森から乗った「はまなす」目指すは4号車のカーペット号

カーペット2.jpg

夜行寝台は学生のとき、東京往復でいつも乗ってた

でも、カーペットカーは無かった

ある日、カーペットカーの存在を知り、何度か購入をトライしたのだが

今まで購入できなかった

今回、偶然取った日程は札幌雪まつりとダブっている

一番混む日に取れたことは奇跡に近い

恐る恐る乗り込む

通常のシートではない、飲み屋の小上がりのような雰囲気

周りは全てマニア

全員が写真を撮っている

おらも・・・

ka-petto.jpg

気がつくと札幌・・・(爆)余韻も何もない

速攻寝て・・・爆睡

朝の札幌はビルの間からお月様が出迎えてくれた

SANY0019_0.JPG


マイナス8度は青森と変わらないが・・・やはり寒い

所用を済ませるべく、友人のところへ向かった

夜・・・せっかくだから雪まつりでも見学

一番先に目についた

白いおしるこ(爆)

osiruko.jpg

まぁまぁめぇがった(#^.^#)

一番人気の雪の水族館は大人気で

マグロがいっぱい泳いでいた

yuki_0.jpg

すすきのへ向い

昔・・・この辺に軍艦トルコってあったよなぁ・・・と散策(爆)

すすきのでは氷の祭典

SANY0065_0.JPG

SANY0068_0.JPG

身も心も凍みでしまって

人肌が恋しくなったけれど、

今はもう役に立たなくなった息子と相談の上(爆)止む無く小樽のホテルへ


小樽ではホテルの前でイベントが行われていたが

あんまり寒すぎて、窓から写真撮って終了
 
otaru.jpg

そんな先週末でした





posted by 真鯛様 at 12:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

Facebookで出てた

松山 宗永さんという曹洞宗 壽福山 東圓寺のお坊さんのお話

新しい財布を使われる方、

2月4日以降に使うことをお勧めします。

これは意味が有ります。

立春=春=「張る」つまり、中身が多くなる!

新品を使うとき絶対にさけたい季節は、

秋です。秋=空き!中身がすぐに空っぽになりますよ!

ん〜なるほど・・・と思ったので紹介します



おらの場合

財布買うぐらいなら・・・釣具(爆)
posted by 真鯛様 at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。